4月 診療時間の変更のお知らせ

村田町の狂犬病予防接種の集合注射がはじまります。
4月は院長不在の日が多くなります。
病院の診療時間の短縮や休診になる日もあります。
ご来院の前にお電話でご確認下さい。
お手数をおかけしますが、宜しくお願いします。

4月12日(水)休診
4月13日(木)午前休診 午後4:30~6:30
4月14日(金)午前休診 午後4:30~6:30
4月15日(土)午前9:00~11:00 午後休診

4月18日(火)午前休診 午後4:30~6:30
4月19日(水)通常診療 
4月20日(木)午前休診 午後4:30~6:30
4月21日(金)午前休診 午後4:30~6:30
4月26日(水)休診
4月29日(土)午前9:00~10:00 午後休診
4月30日(日)午前9:00~10:00

5月3日(祝日)休診
5月4日(祝日)休診
5月5日(祝日)休診




ペットマガジンARCHE! miyagi 第11号に美芳子先生のインタビュー記事が掲載されています。

愛ある生活を求めて「的場美芳子さん」
医科学博士・文学修士
-なるほどそうか、絵本の中のお話は自分で自由に作れるのだ。
というタイトルで、
美芳子先生がプロデュースした文字のない絵本「あのね」の紹介からはじまり、
美芳子先生の生い立ちなど病院スタッフが知らないことも書かれていました(>.<)
病院受付に置いてありますので、どうぞご覧ください。

ペットマガジンARCHE! miyagi

2022年 お盆期間中の診療時間のお知らせ

以下の期間は、診療時間の変更及び休診となります。

8月11日(木)午前 9:00~10:00の予約診療のみ
8月12日(金)午前 9:00~12:00
       午後 4:00~5:30

8月13日(土)午前9:00~10:00の予約診療のみ

8月14日(日)と15日(月)は休診になります。

8月16日(火)から通常診療。

犬楽園フェス2022(石巻)犬の健康を考えよう!

石巻(宮城県)で開催される犬楽園フェスタ2020に、美芳子先生らが主宰している優育プロジェクトがイベント協力しています。
美芳子先生の「犬の気持ちの知り方」についての授業があります。
犬の気持ち、メンタルヘルスケアについてのお話です。
優育プロジェクトのブース内で、犬の健康を考えよう!という体験型教室も開催します。

開催日時:2022年5月15日(日)10:00~15:00
会場:宮城県石巻市中瀬3−18 中瀬公園(石ノ森萬画館隣)
詳細は、犬楽園フェスタ2022

犬の健康を考えよう!親子向け教室
概要:獣医師、動物看護士を養成する大学や専門学校の実習等で活用されている、生体(動物そのもの)の代わりとなる「動物医療用シミュレーション教材」を用いて、犬や猫の身体の特徴を学び、健康について学ぶます。愛犬の心音を実際に聴診することもできます。
詳細・申込みは、優育プロジェクト「犬の健康を考えよう!」




優育プロジェクト「養老先生とあそぼう!」

養老先生とあそぼう!」はオンライン(WEB)上で、参加できる子どもも大人も楽しみながら学べるイベントがスタートしました。
これから参加できるプログラムも定期的にアップされるようなので、チェックしてください。
PCからでも、スマホからでもご覧いただけます。

一般社団法人ヒトと動物の臨床研究情報センターからのお知らせ

ペットと暮らす
~ヒト社会で生きる最愛のパートナーのために、私たちが備えるべきこと~
2021年04月24日 (土) 14:00-16:00
受講料:無料
zoomを使ったオンラインセミナーです。
どなたでもどこからでもご参加いただけます。
詳細、お申し込みはこちらからhttps://www.academyhills.com/seminar/detail/20210424.html

狂犬病予防集合注射期間中の診療時間のお知らせ

4月は狂犬病予防集合注射のため、診療時間帯の変更などがあります。
院長が不在でも、フードやお薬などをお出しすることが可能な場合もございますので、来院の前にお電話でご確認ください。

診療時間変更のお知らせ

PEDGE記事

アイペット損害保険株式会社様のPEDGEの動物介在教育のインタビューを美芳子先生が受けました。東京福祉大学の佐野先生と優育プロジェクト「絵本あのね」の紹介を兼ねて、リモートでのインタビューでした。動物介在教育に焦点を当て、それぞれの活動を紹介していますので、ご覧ください。
リンク先:PEDGE

PEDGE

絵本「あのね」は病院でも購入できます。
絵本の購入サイト:https://www.anone.app/

絵本「あのね」出版のお知らせ

美芳子先生が絵本をプロデュースし弊社で出版いたしました。
文字のない絵本「あのね」のご案内です。

美芳子先生からのメッセージ
 絵本「あのね」は、優育プロジェクトの一環として作成されたものです。この絵本に登場するのは、種類の異なる犬たちです。犬は毛色や大きさが異なるさまざまな犬種がいることを多くの人が知っています。それは同時に、人を含めて生き物の多様性に気づく大事なきっかけにも繋がると思います。この絵本を通して、私たちの身近な犬の気持ちになって他者を思いやったり、またその優しさに触れたりすることができることを願っています。

優育プロジェクトとは 
 優育プロジェクトの原点は、ヒューメイン・エデュケーション(Humane Education)です。ヒューメイン・エデュケーションは、動物虐待防止や動物福祉の観点から動物愛護教育として日本に紹介されてきましたが、本来は、自然環境や生命の尊厳を尊重し、人間が持つ優しさ、思いやりを引き出すための教育です。日本において、より身近で親しみを感じられるように、ヒューメイン・エデュケーションを「優育」と名付けました。

 コロナ禍で生活様式が変化しています。新しくペットを家族に迎える家庭が増えている現状や、外出の自粛で自然や生き物と触れ合う機会が少なくなっていることを踏まえ、優育(ヒューメイン・エデュケーション)の普及を目的に絵本「あのね」を制作しました。

今後、生き物を題材に、「子どもたちが自ら物語を紡ぐ」ことをコンセプトに展開したいと考えています。また、この絵本のワークショップ等を計画していますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

絵本の販売サイトはこちらをクリック 
絵本あのねFacebookはこちらをクリック
絵本あのねInstagramはこちらをクリック

*絵本は病院でも販売しています。
(お買い求めの方は、事前に病院にお電話ください。割引があります)

想像力・共感性を育む絵本「あのね」